コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場原理主義 シジョウゲンリシュギ

1件 の用語解説(市場原理主義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しじょう‐げんりしゅぎ〔シヂヤウ‐〕【市場原理主義】

市場での自由な競争に任せておけば、価格・生産ともに適切に調節され、ひいては生活全体も向上するという考え方。政府による市場への介入や規制などの極小化を主張する。→自由市場新自由主義マネタリズムレーガノミクスサッチャリズムレッセフェール
[補説]米国の経済学者ミルトン=フリードマンが提唱し、米国のレーガン政権、英国のサッチャー政権の経済政策に大きな影響を与えた。日本でも中曽根橋本小泉政権などがこれに基づいて規制緩和構造改革などを推進。バブル崩壊後の景気回復など一定の成果を挙げたが、一方、格差社会の深刻化や2008年の世界金融危機への影響も論じられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市場原理主義の関連キーワード価格戦争非価格競争足に任せる運任せ競争価格市場価値筆に任せる口に任せる市場主義オープン・テリトリー

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市場原理主義の関連情報