コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本龍太郎 はしもとりゅうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本龍太郎
はしもとりゅうたろう

[生]1937.7.29. 東京,渋谷
[没]2006.7.1. 東京,新宿
政治家。内閣総理大臣(首相。在任 1996~98)。政治家橋本龍伍の長男として生まれた。1960年慶應義塾大学法学部卒業後,呉羽紡績入社。1963年父の急逝に伴い衆議院選挙に出馬,最年少の 26歳で初当選。以来連続 14回当選。1978年第1次大平内閣厚生大臣として初入閣,その後運輸大臣自由民主党幹事長,大蔵大臣自民党政務調査会会長,通商産業大臣を歴任,1995年第17代自民党総裁。1996年第82代内閣総理大臣に就任,1998年参議院選挙で自民党の大敗を受けて辞任。この間の 1987年自民党竹下派の結成に参画,2000年竹下派の流れをくむ平成研究会(橋本派)会長に就任。2001年自民党総裁選挙に出馬したが小泉純一郎に敗れ,2004年橋本派会長を辞任して同派から離脱,2005年政界を引退した。首相在任中は中央省庁の再編,財政再建などの改革に取り組み,沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場返還で日米合意にこぎつけ,北方領土問題の解決に尽力した。2006年大勲位菊花大綬章(正二位)受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はしもと‐りゅうたろう〔‐リユウタラウ〕【橋本龍太郎】

[1937~2006]政治家。東京の生まれ。選挙区は岡山。昭和38年(1963)父・龍伍(りゅうご)の急死に伴い衆院選に出馬、当選。厚相・運輸相・蔵相などを経て、平成7年(1995)自民党総裁となり、翌年1月、社会党(のちに社民党)などとの連立政権首相に就任。解散総選挙に勝利し11月、3年3か月ぶりの自民党単独政権を発足させた。同10年退陣。→小渕恵三

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

橋本龍太郎【はしもとりゅうたろう】

政治家。東京都生れ。慶大卒。1963年自由民主党から衆議院議員に初当選。1978年厚生大臣,1986年運輸大臣,1989年大蔵大臣,1994年通産大臣などを歴任し,政策通としての評価を高めた。
→関連項目宇野宗佑内閣大田昌秀小渕恵三内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本龍太郎
はしもとりゅうたろう
(1937―2006)

政治家。東京都生まれ。1960年(昭和35)慶応義塾大学法学部政治学科卒業。厚相、文相を務めた父橋本龍伍(1906―1962)の死後、1963年衆議院議員に26歳で初当選。1978年大平正芳(おおひらまさよし)内閣で厚相として初入閣、以来運輸相、自民党幹事長、蔵相、党政調会長、通産相などを歴任。中曽根康弘(なかそねやすひろ)内閣の運輸相として旧国鉄分割民営化を手がけた。1991年(平成3)富士銀行(現みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)の不正融資に秘書が関わり蔵相を辞任。1995年通産相として日米自動車交渉にあたった。同年9月自民党第17代総裁に選ばれ、1996年1月第82代首相に就任した。同年9月衆議院を解散、10月の小選挙区比例代表並立制のもとでの初の総選挙で自民党は大勝し、11月首相に再選され第二次橋本内閣が発足。1997年9月に第二次改造内閣が発足。1998年の参院選惨敗により、同年7月に辞任。2000年第二次森喜朗(もりよしろう)改造内閣では行政改革担当相、沖縄開発庁長官等を務める。同年小渕派(平成研究会)を引き継ぎ橋本派会長。翌2001年自民党総裁選に立候補し、小泉純一郎に敗れる。2004年、日本歯科医師連盟から橋本派への不正献金問題の責任を受け、同派閥の会長を辞任。2005年8月、総選挙に立候補しないことを表明し、政界を引退した。[編集部]
『岩見隆夫著『実録・橋本龍太郎』(1995・朝日ソノラマ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

橋本龍太郎の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋本龍太郎の関連情報