コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本龍太郎 はしもとりゅうたろう

4件 の用語解説(橋本龍太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本龍太郎
はしもとりゅうたろう

[生]1937.7.29. 東京,渋谷
[没]2006.7.1. 東京,新宿
政治家。内閣総理大臣(首相。在任 1996~98)。政治家橋本龍伍の長男として生まれた。1960年慶應義塾大学法学部卒業後,呉羽紡績入社。1963年父の急逝に伴い衆議院選挙に出馬,最年少の 26歳で初当選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はしもと‐りゅうたろう〔‐リユウタラウ〕【橋本龍太郎】

[1937~2006]政治家。東京の生まれ。選挙区は岡山。昭和38年(1963)父・龍伍(りゅうご)の急死に伴い衆院選に出馬、当選。厚相・運輸相・蔵相などを経て、平成7年(1995)自民党総裁となり、翌年1月、社会党(のちに社民党)などとの連立政権首相に就任。解散総選挙に勝利し11月、3年3か月ぶりの自民党単独政権を発足させた。同10年退陣。→小渕恵三

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

橋本龍太郎【はしもとりゅうたろう】

政治家。東京都生れ。慶大卒。1963年自由民主党から衆議院議員に初当選。1978年厚生大臣,1986年運輸大臣,1989年大蔵大臣,1994年通産大臣などを歴任し,政策通としての評価を高めた。
→関連項目宇野宗佑内閣大田昌秀小渕恵三内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本龍太郎
はしもとりゅうたろう
(1937―2006)

政治家。東京都生まれ。1960年(昭和35)慶応義塾大学法学部政治学科卒業。厚相、文相を務めた父橋本龍伍(1906―1962)の死後、1963年衆議院議員に26歳で初当選。1978年大平正芳(おおひらまさよし)内閣で厚相として初入閣、以来運輸相、自民党幹事長、蔵相、党政調会長、通産相などを歴任。中曽根康弘(なかそねやすひろ)内閣の運輸相として旧国鉄分割民営化を手がけた。1991年(平成3)富士銀行(現みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)の不正融資に秘書が関わり蔵相を辞任。1995年通産相として日米自動車交渉にあたった。同年9月自民党第17代総裁に選ばれ、1996年1月第82代首相に就任した。同年9月衆議院を解散、10月の小選挙区比例代表並立制のもとでの初の総選挙で自民党は大勝し、11月首相に再選され第二次橋本内閣が発足。1997年9月に第二次改造内閣が発足。1998年の参院選惨敗により、同年7月に辞任。2000年第二次森喜朗(もりよしろう)改造内閣では行政改革担当相、沖縄開発庁長官等を務める。同年小渕派(平成研究会)を引き継ぎ橋本派会長。翌2001年自民党総裁選に立候補し、小泉純一郎に敗れる。2004年、日本歯科医師連盟から橋本派への不正献金問題の責任を受け、同派閥の会長を辞任。2005年8月、総選挙に立候補しないことを表明し、政界を引退した。[編集部]
『岩見隆夫著『実録・橋本龍太郎』(1995・朝日ソノラマ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋本龍太郎の関連キーワード関直彦久我通顕フセイン政治生命職業政治家政治塾兼田秀雄高橋義信羽田武嗣郎松野幸泰

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋本龍太郎の関連情報