コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川正好 いちかわ まさよし

2件 の用語解説(市川正好の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川正好 いちかわ-まさよし

1679-1757 江戸時代中期の武士,林政家。
延宝7年8月27日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。信濃(しなの)(長野県)木曾山の上松奉行などをへて,元文5年初代木曾材木奉行。檜(ひのき)など五木の伐採を禁じ,明山(あけやま)と留山(とめやま)を区別するなど,40年にわたり山林の保護と育成につとめた。宝暦7年4月死去。79歳。通称は甚左衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

市川正好

没年:宝暦7.4(1757)
生年:延宝7.8.27(1679.10.1)
江戸時代中期の林政家。尾張藩士。名古屋生まれ。通称甚左衛門。美濃国錦織在番,裏木曾三ケ村代官,木曾材木奉行などとして40年間林務に従事した。荒廃した支配地濃州裏木曾,信州木曾山を踏査し,検地,切畑制限,停止木設定と山林の保護育成策を断行して,山林育成に成功した。その徹底ぶりは「情ないぞや市川様よ」との俗謡にも歌われた。<参考文献>『市川甚左衛門勤覚書』(『名古屋人物史料』19巻,名古屋市鶴舞中央図書館蔵),徳川義親『木曾山』,所三男『近世林業史の研究』

(林董一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

市川正好の関連キーワード一木権兵衛松意高政越後騒動雑喉場市川正好プラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い在日米軍の軍属

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone