五木(読み)イツキ

  • ごぼく
  • ごもく

大辞林 第三版の解説

熊本県南部、球磨くま郡の村。九州山地中にある。
代表的な五種の木。特に、江戸時代、伐採を禁じられていた五種の木。ごもく。
ごぼく五木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漢方などで薬用にする5種類の木。「ごもく」ともいう。文献によりその種類は一定せず、(1)ウメ、ヤナギ、モモ、クワ、スギ、(2)クワ、エンジュ、モモ、コウゾ、ヤナギなどさまざまである。これらを煎(せん)じて薬用とし、五木湯(ごもくゆ)という。一説に、脚気(かっけ)に効くという。また、江戸時代、藩主が伐採を禁じた5種類の木、すなわち停止木(ちょうじぼく)、留木(とめぎ)をいい、多くは常緑樹や有用材であったが、藩によってその種類は異なることがあり、また七木、九木のところもあった。また、賭博(とばく)の一種をいうが、これは古く中国の博打(ばくち)の樗(ちょぼ)で、5個の木製の賽(さい)を用いたところからといい、また、賭博の賽を五木でつくったところからともいう。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

熊本県南部、球磨川(くまがわ)支流川辺川上流の地名。平家の落人伝説や「五木の子守唄」で知られる。
〘名〙
① 五種の木。特に江戸時代、領主が伐採を禁じた有用樹(保護樹)。七木、九木を禁木に指定した藩もあるが、尾張藩の木曾山では、檜(ひのき)、椹(さわら)、明檜(あすひ)、𣜌子(ねずこ)、高野槇(こうやまき)の五木を停止木(ちょうじぼく)として厳しく取締った。「県令須知」には、桑、槐(えんじゅ)、楡(にれ)、柳、楮(こうぞ)を五木としているが、これは木性に毒のない樹木を指す。ごもく。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「五木八草之湯治」
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「許可なしに村民が五木を伐採することは禁じられてあった」 〔孔子家語‐刑政〕
② 博打(ばくち)の一つ。樗蒲(かりうち)で用いる五子(ごし)。転じて、ばくちをいう。〔李白‐贈別従甥高五詩〕
〘名〙 (「もく」は「木」の呉音)
① =ごぼく(五木)①〔運歩色葉(1548)〕
② 「ごもくゆ(五木湯)」の略。
※看聞御記‐永享一〇年(1438)一〇月二一日「湯治始、〈非湯山湯、只五木也。〉七ケ日可沐浴也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五木の関連情報