五木(読み)イツキ

デジタル大辞泉の解説

いつき【五木】

熊本県南部、球磨(くま)郡の地名。九州山地中にある。

ご‐ぼく【五木】

5種の木。特に江戸時代用材の確保のために藩の領主によって伐採を禁じられた木。梅・桃・・杉、また、槐(えんじゅ)・柳・桃・桑・梶の木など、種々の説がある。ごもく

ご‐もく【五木】

ごぼく(五木)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつき【五木】

熊本県南部、球磨くま郡の村。九州山地中にある。

ごぼく【五木】

代表的な五種の木。特に、江戸時代、伐採を禁じられていた五種の木。ごもく。

ごもく【五木】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五木
ごぼく

漢方などで薬用にする5種類の木。「ごもく」ともいう。文献によりその種類は一定せず、(1)ウメ、ヤナギ、モモ、クワ、スギ、(2)クワ、エンジュ、モモ、コウゾ、ヤナギなどさまざまである。これらを煎(せん)じて薬用とし、五木湯(ごもくゆ)という。一説に、脚気(かっけ)に効くという。また、江戸時代、藩主が伐採を禁じた5種類の木、すなわち停止木(ちょうじぼく)、留木(とめぎ)をいい、多くは常緑樹や有用材であったが、藩によってその種類は異なることがあり、また七木、九木のところもあった。また、賭博(とばく)の一種をいうが、これは古く中国の博打(ばくち)の樗(ちょぼ)で、5個の木製の賽(さい)を用いたところからといい、また、賭博の賽を五木でつくったところからともいう。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いつき【五木】

熊本県南部、球磨川(くまがわ)支流川辺川上流の地名。平家の落人伝説や「五木の子守唄」で知られる。

ご‐ぼく【五木】

〘名〙
① 五種の木。特に江戸時代、領主が伐採を禁じた有用樹(保護樹)。七木、九木を禁木に指定した藩もあるが、尾張藩の木曾山では、檜(ひのき)、椹(さわら)、明檜(あすひ)、𣜌子(ねずこ)、高野槇(こうやまき)の五木を停止木(ちょうじぼく)として厳しく取締った。「県令須知」には、桑、槐(えんじゅ)、楡(にれ)、柳、楮(こうぞ)を五木としているが、これは木性に毒のない樹木を指す。ごもく。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「五木八草之湯治」
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「許可なしに村民が五木を伐採することは禁じられてあった」 〔孔子家語‐刑政〕
② 博打(ばくち)の一つ。樗蒲(かりうち)で用いる五子(ごし)。転じて、ばくちをいう。〔李白‐贈別従甥高五詩〕

ご‐もく【五木】

〘名〙 (「もく」は「木」の呉音)
① =ごぼく(五木)①〔運歩色葉(1548)〕
② 「ごもくゆ(五木湯)」の略。
※看聞御記‐永享一〇年(1438)一〇月二一日「湯治始、〈非湯山湯、只五木也。〉七ケ日可沐浴也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五木の関連情報