コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五木 イツキ

デジタル大辞泉の解説

いつき【五木】

熊本県南部、球磨(くま)郡の地名。九州山地中にある。

ご‐ぼく【五木】

5種の木。特に江戸時代用材の確保のために藩の領主によって伐採を禁じられた木。梅・桃・・杉、また、槐(えんじゅ)・柳・桃・桑・梶の木など、種々の説がある。ごもく

ご‐もく【五木】

ごぼく(五木)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いつき【五木】

熊本県南部、球磨くま郡の村。九州山地中にある。

ごぼく【五木】

代表的な五種の木。特に、江戸時代、伐採を禁じられていた五種の木。ごもく。

ごもく【五木】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五木
ごぼく

漢方などで薬用にする5種類の木。「ごもく」ともいう。文献によりその種類は一定せず、(1)ウメ、ヤナギ、モモ、クワ、スギ、(2)クワ、エンジュ、モモ、コウゾ、ヤナギなどさまざまである。これらを煎(せん)じて薬用とし、五木湯(ごもくゆ)という。一説に、脚気(かっけ)に効くという。また、江戸時代、藩主が伐採を禁じた5種類の木、すなわち停止木(ちょうじぼく)、留木(とめぎ)をいい、多くは常緑樹や有用材であったが、藩によってその種類は異なることがあり、また七木、九木のところもあった。また、賭博(とばく)の一種をいうが、これは古く中国の博打(ばくち)の樗(ちょぼ)で、5個の木製の賽(さい)を用いたところからといい、また、賭博の賽を五木でつくったところからともいう。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五木の関連キーワードにっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻九州チャレンジサイクルロードレースにっぽん三銃士 おさらば東京の巻火の国熊本とんこつラーメン久留米ほとめきラーメン博多おっしょいラーメン五木庵鴨だし南蛮そば五木庵ぶっかけうどん熊本もっこすラーメンさらばモスクワ愚連隊岐阜県中津川市川上五木庵きつねうどんよこはま・たそがれ熊本県人吉市五日町まだ乾かない油絵に全国ラーメンの旅夜明けのブルースダブル・クラッチわが命の唄 艶歌アベックラーメン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五木の関連情報