コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川衛 いちかわ まもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川衛 いちかわ-まもり

1903-1971 昭和時代の動物学者。
明治36年9月20日生まれ。昭和19年母校京都帝大の教授となる。のち甲南大教授,同大学長をつとめた。動物発生学,とくに両生類の発生や昆虫変態における脳ホルモン作用の研究などで知られる。日本発生学会会長。昭和46年8月25日死去。67歳。愛知県出身。著作に「実験発生学」「発生の原理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川衛の関連キーワード昭和時代間性

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川衛の関連情報