コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市村光恵 いちむら みつえ

2件 の用語解説(市村光恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市村光恵 いちむら-みつえ

1875-1928 明治-昭和時代前期の法学者。
明治8年8月5日生まれ。35年母校東京帝大の講師となり,36年京都帝大にうつる。39年ドイツ,フランスに留学。42年京都帝大教授となり,国法学と憲法講座を担当。天皇機関説の立場をとった。昭和2年京都市長。昭和3年9月27日死去。54歳。高知県出身。著作に「行政法原理」「帝国憲法論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

市村光恵

没年:昭和3.9.27(1928)
生年:明治8.8.5(1875)
明治大正期の憲法学者,政治学者。土佐(高知県)生まれ。市村柳吉,鹿の子。明治35(1902)年東京帝大法科大卒。36年京都帝大助教授,39~42年独仏に留学,42年同教授として国法学,憲法を講じた。留学前には師穂積八束の影響下で天皇機関説を排撃したが,留学後は機関説に転じ,45年美濃部達吉上杉慎吉の間で論争が生ずるや,美濃部の説を「国体」への異説として攻撃する上杉の態度が非学問的であることを激しく攻撃する論文を雑誌『太陽』に寄稿した。政治思想は中庸主義で,性急な民主化には反対し,ロシア革命を批判した。昭和2(1927)年京都市長となるが高級官僚人員整理に手をつけて3カ月で辞任。<著作>『帝国憲法論』『国家及国民論』『行政法原理』

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市村光恵の関連キーワード憲法研究会憲法学阿部照哉大石兵太郎佐藤丑次郎鈴木安蔵副島義一中野登美雄中村哲長谷川正安

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市村光恵の関連情報