コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉慎吉 うえすぎしんきち

8件 の用語解説(上杉慎吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上杉慎吉
うえすぎしんきち

[生]1878.8.18. 福井
[没]1929.4.7. 東京
憲法学者。 1903年東京帝国大学法律学科卒。穂積八束のもとで東京帝国大学助教授。 1906~09年ドイツなどに留学,ゲオルク・イェリネックに師事。 1911~12年,美濃部達吉と,天皇の法的地位をめぐり論争 (→上杉=美濃部論争 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うえすぎ‐しんきち〔うへすぎ‐〕【上杉慎吉】

[1878~1929]憲法学者。福井の生まれ。東大教授。君権絶対主義を唱え、天皇機関説美濃部達吉と論争。のち、右翼団体を指導。著「新稿憲法述義」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上杉慎吉【うえすぎしんきち】

憲法学者。福井県出身。東大教授。穂積八束の弟子で,極端な君権絶対主義を唱え,天皇機関説美濃部達吉と激しく論争した。七生社,建国会など右翼団体の思想的支柱ともなった。
→関連項目政体高畠素之美濃部達吉森戸事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉慎吉 うえすぎ-しんきち

1878-1929 明治-大正時代の憲法学者。
明治11年8月18日生まれ。大正元年穂積八束(ほづみ-やつか)のあと東京帝大教授となり憲法講座を担当。天皇主権説をとなえ,美濃部(みのべ)達吉の天皇機関説を攻撃。国家主義運動の指導者として興国同志会,経綸(けいりん)学盟,七生社,建国会を結成した。昭和4年4月7日死去。52歳。福井県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉慎吉

没年:昭和4.4.7(1929)
生年:明治11.8.18(1878)
国家主義的憲法学者。福井県生まれ。父は上杉寛二,母てる。帝大の学生時代穂積八束に認められ,明治36(1903)年東京帝大助教授,大正1(1912)年教授。明治39~42(1906~09)年ドイツに留学,ゲオルク・イェリネック家に下宿して指導を受けたが,その間心境に変化を生じて国家主義者となり,44~45(1911~12)年美濃部達吉の天皇機関説を批判して論争。山県有朋の知遇を得て,政治活動に足を踏み入れ,大正末期に上原勇作,床次竹二郎らと結んで若槻内閣打倒の政権奪取運動に奔走した。興国同志会,七生社などの国家主義的学生運動や,高畠素之と結んだ経綸学盟,赤尾敏らと結んだ建国会など,国家主義運動にも身を投じた。長男正一郎,次男重二郎はマルクス主義的社会科学者として有名。

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うえすぎしんきち【上杉慎吉】

1878‐1929(明治11‐昭和4)
憲法学者。福井県生れ。1903年東大卒後,同大助教授として憲法を担当。06‐09年ドイツに留学,イェリネックの指導を受けた。初期にはP.ラーバント流の法実証主義と天皇機関説をとったが,留学中に,ロマン的に天皇と国家を賛美する国家形而上学へと変化し,主著《帝国憲法》(1922)においては,〈連続相関関係〉によって世界をとらえた有機体的社会理論に帰依している。12年,恩師の穂積八束に代わって美濃部達吉と天皇機関説をめぐり論争。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うえすぎしんきち【上杉慎吉】

1878~1929) 憲法学者。福井県生まれ。東大教授。天皇主権説に立って憲法を講じ、美濃部達吉の「天皇機関説」を激しく攻撃、国家主義的社会運動を指導した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上杉慎吉
うえすぎしんきち
(1878―1929)

憲法学者。明治11年8月18日福井県に生まれる。1903年(明治36)東京帝国大学卒業後、助教授となり、04年から09年までドイツに留学、12年に教授となる。初め、「国家ハ一ノ人格タリ」「天皇ハ国家ノ最高機関ニシテ」と説き国家法人説、天皇機関説をとっていたが、ドイツ留学後に転向し、穂積八束(ほづみやつか)を師とする明治憲法時代の有力な天皇主権説学派の一人として知られる。12年の著『帝国憲法綱領』の序文に「予ガ西遊以前ノ著述論文ハ、多クハ皆誤謬(ごびゅう)ノ見解ヲ伝ヘタリ」と記し、同年、穂積の後継として東京帝国大学の憲法講座担当教授となったのちは、天皇主権説学派の代表者として活躍し、美濃部達吉(みのべたつきち)と激しく論争した。その主張は、国家の統治権は無限であり、国法は天皇を拘束せず、天皇の命令には臣民は絶対無限に服従しなければならないとし、議会も国家にとって不可欠の機関ではない、といった考え方に基づいていた。
 第一次世界大戦後には、東京帝国大学内に七生社(しちせいしゃ)をおこし、学外では経倫学盟、建国会などを主宰するなど、その活動は実践運動にまで及んだ。主著には『新稿帝国憲法』(1922)、『新稿憲法述義』(1924)などがある。昭和4年4月7日死去。[池田政章]
『星島二郎編『上杉博士対美濃部博士最近憲法論』(1913・実業之日本社) ▽家永三郎著『日本近代憲法思想史研究』(1967・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上杉慎吉の言及

【七生社】より

…東京帝国大学の学生,卒業生によって組織された右翼結社。法学部教授上杉慎吉を指導者に1925年に創設された。〈七生報国〉にちなんで会の名称をつけ,〈至誠一貫,報国尽忠〉をその綱領としたが,運動の主目標は当時勢い盛んな左翼の学生運動に対抗することにおかれていた。…

※「上杉慎吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上杉慎吉の関連キーワード筧克彦国家主義国法学超国家主義憲法学ナショナリスティック蜷川新長谷川正安樋口陽一エスマン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone