コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市村竹之丞 いちむらたけのじょう

世界大百科事典 第2版の解説

いちむらたけのじょう【市村竹之丞】

歌舞伎俳優,市村座座元。初世(1654?‐1718∥承応3?‐享保3)は3代市村宇左衛門の養子。寛文・延宝(1661‐81)頃が活躍期で,《市村座由緒書》(享保10年書上)によれば,1664年(寛文4)に玉川主膳と相座元で三番続きの狂言を上演したというが,65,66年頃大坂へ行き,その後江戸に戻って67年頃座元になったものと推定される。役者としてはせりふ術にすぐれ,拍子事が得意であったが濡れ事不得手であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の市村竹之丞の言及

【市村羽左衛門】より

…(3)3代・名義初世(?‐1686(貞享3)) 市村宇左衛門と称した。1667年(寛文7)頃村山座の興行権を譲りうけ,養子市村竹之丞を座元に立てて興行を行った。(4)4代(1654?‐1718∥承応3?‐享保3) 初世市村竹之丞のこと。…

※「市村竹之丞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市村竹之丞の関連キーワード後光明天皇御義口伝後光明天皇かつらオリンダクリスティーナ康熙帝小西来山土佐光起服部嵐雪

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone