コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市来貝塚 いちきかいづか

2件 の用語解説(市来貝塚の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いちきかいづか【市来貝塚】

鹿児島県いちき串木野市川上にある縄文時代の貝塚。九州南部の縄文後期の市来式土器の標準遺跡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いちきかいづか【市来貝塚】

鹿児島県日置郡市来町川上にある縄文時代後期の貝塚。湊川河口より約3kmの谷間の小洪積台地上にある。1921年に発見され,61年河口貞徳により本格的な発掘が行われた。傾斜面および下位平坦面が調査され,最初に西側に出水式・指宿式土器を伴う貝層が形成され,一部重なって東側斜面および平坦面に市来式土器の時期の貝層が形成されたことが判明した。カキ・ハマグリ等内湾性貝類のほか,岩礁性小巻貝類も多い貝塚で,カツオマグロ・サメなどの大型魚が捕獲されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

市来貝塚の関連キーワード薩摩半島七夕踊日置アミュプラザ鹿児島郡山[町]日置荘湯之元[温泉]姜早丹加栗山遺跡北白川遺跡群

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone