コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上村 かわかみ

2件 の用語解説(川上村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川上村
かわかみ

長野県東部,千曲川の最上流域を占める村。集落の多くは千曲川沿いの標高 1100~1300mの高冷地にある。 1935年,北西部に小海線が開通するまでは隔絶された山村であったが,第2次世界大戦後,カラマツ苗づくりが盛んになり,1950年代後半から高冷地野菜の栽培に重点を移し,県下でも豊かな村の一つになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川上村
かわかみ

奈良県中東部,吉野川上流域の村。村名はこの立地に由来する。平地はほとんどなく,吉野川の深いV字谷の谷底から比高 200~300mの斜面にかけて森林が広がる。古くからスギ,ヒノキの産地として有名な吉野林業の中心地で,播種,育苗,植林など集約的林業が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川上村の関連情報