コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市田清兵衛 いちだ せいべえ

1件 の用語解説(市田清兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市田清兵衛 いちだ-せいべえ

1637-1714 江戸時代前期-中期の豪商。
寛永14年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)八幡(はちまん)町の人。上野(こうずけ)(群馬県)安中の支店(のち高崎に移転)を根拠地として織物類などを行商し,帰りに上州産の絹,生糸,真綿を仕入れ,江戸,名古屋,京都でうりさばく。また大坂産などの繰り綿をもって信州,上州で販売し,東西を往復して巨富をえた。正徳(しょうとく)4年死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

市田清兵衛の関連キーワード伊賀常行相沢定常井上久斎江志知辰大野秀和太兵衛遠山友春別宗祖縁吉田孤山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone