コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布作面 ふさくめん

4件 の用語解説(布作面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布作面
ふさくめん

正倉院に 32面伝存する,四角い麻布にあらい墨描線で人物の顔面を描いて目をくり抜き,くくり紐をつけた簡略な仮面。唐中楽に用いられたことが正倉院文書より知られるが,具体的な使用法や伎楽面との関係はまだ明らかではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

布作面【ふさくめん】

正倉院に伝わる約30cm四方の布製の面。目,鼻,口,眉(まゆ),髭(ひげ)等を墨で描き,眼の部分に孔(あな)をあけたもの。現存する32枚分のうち1枚だけが女の面で,何に用いた面か不明であるが,墨線は雄勁(ゆうけい)で奈良時代絵画資料としても貴重。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふさくめん【布作面】

作面ともいい,現在正倉院に32枚分が遺っている。正倉院文書では唐中楽(大唐楽,新楽)所用のものとして25枚の存在を記している。いずれも麻布製で,女性1枚を除くと髭髯をたくわえた男性の貌を墨描し,唇に朱をさしたりしているが,その描法は写実的で,図案化した蔵面(ぞうめん)の趣とはまったく異なる。眼の部分は,眼形のままや下縁に沿ってなど,さまざまな形に切り抜いており,実用であったことは明らかだが,どのように使用されたかはわかっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布作面の関連情報