コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布作面 ふさくめん

4件 の用語解説(布作面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布作面
ふさくめん

正倉院に 32面伝存する,四角い麻布にあらい墨描線で人物の顔面を描いて目をくり抜き,くくり紐をつけた簡略な仮面。唐中楽に用いられたことが正倉院文書より知られるが,具体的な使用法や伎楽面との関係はまだ明らかではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

布作面【ふさくめん】

正倉院に伝わる約30cm四方の布製の面。目,鼻,口,眉(まゆ),髭(ひげ)等を墨で描き,眼の部分に孔(あな)をあけたもの。現存する32枚分のうち1枚だけが女の面で,何に用いた面か不明であるが,墨線は雄勁(ゆうけい)で奈良時代絵画資料としても貴重。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふさくめん【布作面】

作面ともいい,現在正倉院に32枚分が遺っている。正倉院文書では唐中楽(大唐楽,新楽)所用のものとして25枚の存在を記している。いずれも麻布製で,女性1枚を除くと髭髯をたくわえた男性の貌を墨描し,唇に朱をさしたりしているが,その描法は写実的で,図案化した蔵面(ぞうめん)の趣とはまったく異なる。眼の部分は,眼形のままや下縁に沿ってなど,さまざまな形に切り抜いており,実用であったことは明らかだが,どのように使用されたかはわかっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふさくめん【布作面】

正倉院に伝わる、麻布製の伎楽面。布上に顔を墨書したもので、頰ほお・唇などに丹色を塗り、目の部分を切り取ってある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布作面の関連キーワード正倉院文書延均師基永師財福師捨目師相李魚成海の正倉院正倉院裂正倉院三彩正倉院事務所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布作面の関連情報