布作面(読み)ふさくめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正倉院に 32面伝存する,四角い麻布にあらい描線で人物顔面を描いて目をくり抜き,くくりをつけた簡略な仮面。唐中楽に用いられたことが正倉院文書より知られるが,具体的な使用法や伎楽面との関係はまだ明らかではない。女性面が1面あるほかはすべて男性面で,ひげを生やした胡人風のエキゾチックな顔立ち特色があり,その熟達した力強い墨線描は奈良時代絵画資料として貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

正倉院に伝わる約30cm四方の布製の面。目,鼻,口,(まゆ),(ひげ)等を墨で描き,眼の部分に孔(あな)をあけたもの。現存する32枚分のうち1枚だけが女の面で,何に用いた面か不明であるが,墨線は雄勁(ゆうけい)で奈良時代絵画資料としても貴重。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

作面ともいい,現在正倉院に32枚分がっている。正倉院文書では唐中楽(大唐楽,新楽)所用のものとして25枚の存在を記している。いずれも麻布製で,女性1枚を除くと髭髯をたくわえた男性のを墨描し,唇に朱をさしたりしているが,その描法は写実的で,図案化した蔵面(ぞうめん)の趣とはまったく異なる。眼の部分は,眼形のままや下縁に沿ってなど,さまざまな形に切り抜いており,実用であったことは明らかだが,どのように使用されたかはわかっていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android