コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵面/造面/雑面 ゾウメン

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐めん〔ザウ‐|ザフ‐〕【蔵面/造面/雑面】

舞楽面の一。長方形厚紙白絹を張り、墨で人の顔を象徴的に描いたもの。蘇利古(そりこ)・安摩(あま)などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうめん【蔵面】

雑面とも書く。白い長方形の布または紙の一面に,墨で図案化した面貌を描いたもので,舞楽の曲目中の《安摩(あま)》や《蘇利古(そりこ)》《古鳥蘇(ことりそ)》などに使用する。奈良時代布作(ふさく)面の写実的な表現が伎楽面と通ずるように,蔵面のきわめて象徴的に図化した表現は,舞楽面の意匠化に通ずる。材質の関係で,中世までさかのぼれる遺品は現在知られていないが,近世のものは日光の輪王寺や奈良の春日大社等にのこっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

蔵面/造面/雑面の関連キーワード冷凍・空調機器工業安摩の面案摩の面布作面