コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布目瓦 ぬのめがわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布目瓦
ぬのめがわら

布目のある円筒あるいは凸面の台の上に布をかぶせ,その上に粘土を張りつけ,外側からたたいてつくったため布目がついたもので,多く桃山時代以前の瓦にみられる。普通,宇瓦平瓦には上面に,鐙瓦丸瓦では下面,すなわち湾曲した内面にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぬのめ‐がわら〔‐がはら〕【布目瓦】

布目の跡のある屋根瓦。製造時に用いた布の織り目が残ったもので、奈良・平安時代の瓦に多くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬのめがわら【布目瓦】

布目の文様のある瓦。瓦を作るとき、瓦の型に粘土が張りつくのを防ぐために間に入れる布の跡が残ったもの。古代の瓦に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の布目瓦の言及

【瓦】より

…いずれの方法でも,形づくった瓦を成形台からはずしやすくするため,台面に布を用いる。こうすると瓦の凹面に布目圧痕が残るため,古代の瓦に布目瓦という名が用いられるようになった。川原寺創建時の平瓦には凸面に布目圧痕が残るものがある。…

※「布目瓦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布目瓦の関連キーワード飛騨国分寺塔跡岩井廃寺塔跡日向国府跡北野廃寺跡宮沢遺跡国府台文様

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android