鐙瓦(読み)あぶみがわら

精選版 日本国語大辞典「鐙瓦」の解説

あぶみ‐がわら ‥がはら【鐙瓦】

〘名〙 屋根の一つ。平瓦と丸瓦とを交互に並べた本瓦葺(ほんがわらぶき)で、丸瓦の軒先になる瓦。形が馬具の壺鐙に似るところからいう。軒先の円板(瓦当)に、蓮花、巴(ともえ)、定紋(じょうもん)などの装飾が施してある。文様によって巴瓦(ともえがわら)、花瓦(はながわら)軒丸瓦という。
正倉院文書‐天平勝宝八年(756)八月一四日・造東大寺司牒解「鐙瓦参伯枚」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android