コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希土類コバルト磁石 きどるいコバルトじしゃくrare earth permanent magnet

世界大百科事典 第2版の解説

きどるいコバルトじしゃく【希土類コバルト磁石 rare earth permanent magnet】

希土類元素,とくにサマリウムSmとコバルトCoの化合物で,きわめて優れた永久磁石。永久磁石材料にはKS鋼MK鋼からアルニコ系磁石に至る合金鋼磁石とフェライト磁石が20世紀の初めから中ごろまでに開発され実用化されているが,1960年代に希土類元素とコバルトの金属間化合物のいくつかがきわめて大きい結晶磁気異方性をもつことが発見され,この系統の磁石の研究・開発が活発に進められている。とくに重要なものはサマリウムとの化合物SmCo5で,永久磁石の性能の目安となる最大エネルギー積が従来の磁石に比べてきわめて大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報