コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希土類コバルト磁石 きどるいコバルトじしゃく rare earth permanent magnet

1件 の用語解説(希土類コバルト磁石の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きどるいコバルトじしゃく【希土類コバルト磁石 rare earth permanent magnet】

希土類元素,とくにサマリウムSmとコバルトCoの化合物で,きわめて優れた永久磁石永久磁石材料にはKS鋼MK鋼からアルニコ系磁石に至る合金鋼磁石とフェライト磁石が20世紀の初めから中ごろまでに開発され実用化されているが,1960年代に希土類元素とコバルトの金属間化合物のいくつかがきわめて大きい結晶磁気異方性をもつことが発見され,この系統の磁石の研究・開発が活発に進められている。とくに重要なものはサマリウムとの化合物SmCo5で,永久磁石の性能の目安となる最大エネルギー積が従来の磁石に比べてきわめて大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

希土類コバルト磁石の関連キーワードガドリニウム希土類元素サマリウムツリウム希土類磁石サマリウムコバルト磁石土類金属元素モナザイト軽希土類元素重希土類元素

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

希土類コバルト磁石の関連情報