コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希明清良 きみょう せいりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

希明清良 きみょう-せいりょう

?-1445 室町時代の僧。
越前(えちぜん)福井の人。7歳のとき京都清水寺で出家して天台を,のち越前慈眼寺の天真自性のもとで曹洞(そうとう)をおさめ,その法をつぎ,竜興寺をひらく。将軍足利義政(よしまさ)の帰依(きえ)をうけ,荘園田地を寄進された。竜泉寺,普門寺住持もつとめた。文安2年9月16日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

希明清良の関連キーワード室町時代旗雲祖旭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android