コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函館八幡宮 ハコダテハチマングウ

4件 の用語解説(函館八幡宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はこだて‐はちまんぐう【函館八幡宮】

北海道函館市にある神社。祭神は品陀和気命(ほんだわけのみこと)・住吉大神・金刀比羅(ことひら)大神。文安2年(1445)城の守護神として領主河野政道が創建したという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

函館八幡宮【はこだてはちまんぐう】

函館市谷地頭町に鎮座。旧国幣中社。応神天皇を主祭神とする。1445年河野政通が箱館築城に際して創建したと伝える。例祭は8月15日で,神輿(みこし)渡御がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はこだてはちまんぐう【函館八幡宮】

北海道函館市谷地頭町に鎮座。品陀和気(ほんだわけ)命(応神天皇)を主祭神とし,住吉大神,金刀比羅(ことひら)大神を配祀する。社伝によれば1445年(文安2)亀田郡の領主河野政通が箱館に築城のとき,その東南外郭に八幡宮を奉斎したのが起源とされ,そのあと亀田郡赤川村,箱館元町,会所町などに遷座ののち,1880年現在地に鎮座した。函館地方のみでなく,札幌開拓にも関連して崇敬され,小樽,室蘭,歌登方面にも勧請された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

函館八幡宮
はこだてはちまんぐう

北海道函館市谷地頭(やちがしら)町に鎮座。祭神は品陀和気命(ほんだわけのみこと)(応神(おうじん)天皇)のほか住吉大神、金刀比羅(ことひら)大神を配祀(はいし)。北海道鎮護神、開拓・航海・漁業の守護神として道内で広く崇敬されている。1445年(文安2)亀田(かめだ)郡領主河野氏が箱館に築いた城の鎮守として八幡宮を祀(まつ)ったのが起源と伝える。以後社地は変転したが、明治になって北海道開拓使の崇敬社となり、1880年(明治13)函館山を背にする景勝地である現在地に移った。旧国幣中社。例祭は8月15日。神輿(みこし)が市内を巡幸する。[牟禮 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

函館八幡宮の関連キーワード函館市函館本線湯の川温泉函館大学北海道教育大学公立はこだて未来大学渡島北海道神宮函館空港なとわ・えさん

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

函館八幡宮の関連情報