函館八幡宮(読み)ハコダテハチマングウ

デジタル大辞泉の解説

はこだて‐はちまんぐう【函館八幡宮】

北海道函館市にある神社。祭神は品陀和気命(ほんだわけのみこと)・住吉大神・金刀比羅(ことひら)大神。文安2年(1445)城の守護神として領主河野政道が創建したという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

函館八幡宮【はこだてはちまんぐう】

函館市谷地頭町に鎮座。旧国幣中社。応神天皇を主祭神とする。1445年河野政通が箱館築城に際して創建したと伝える。例祭は8月15日で,神輿(みこし)渡御がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はこだてはちまんぐう【函館八幡宮】

北海道函館市谷地頭町に鎮座。品陀和気(ほんだわけ)命(応神天皇)を主祭神とし,住吉大神,金刀比羅(ことひら)大神を配祀する。社伝によれば1445年(文安2)亀田郡の領主河野政通が箱館に築城のとき,その東南外郭に八幡宮を奉斎したのが起源とされ,そのあと亀田郡赤川村,箱館元町,会所町などに遷座ののち,1880年現在地に鎮座した。函館地方のみでなく,札幌開拓にも関連して崇敬され,小樽,室蘭,歌登方面にも勧請された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

函館八幡宮
はこだてはちまんぐう

北海道函館市谷地頭(やちがしら)町に鎮座。祭神は品陀和気命(ほんだわけのみこと)(応神(おうじん)天皇)のほか住吉大神、金刀比羅(ことひら)大神を配祀(はいし)。北海道鎮護神、開拓・航海・漁業の守護神として道内で広く崇敬されている。1445年(文安2)亀田(かめだ)郡領主河野氏が箱館に築いた城の鎮守として八幡宮を祀(まつ)ったのが起源と伝える。以後社地は変転したが、明治になって北海道開拓使の崇敬社となり、1880年(明治13)函館山を背にする景勝地である現在地に移った。旧国幣中社。例祭は8月15日。神輿(みこし)が市内を巡幸する。[牟禮 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はこだて‐はちまんぐう【函館八幡宮】

北海道函館市谷地頭(やちがしら)町にある神社。旧国幣中社。祭神は品陀和気命(ほむたわけのみこと)(=応神天皇)ほか二柱。文安二年(一四四五)領主河野政道が城の守護神として勧請(かんじょう)したと伝える。元町、会所町などを経て明治一三年(一八八〇)現在地に遷座。元宮八幡。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

函館八幡宮の関連情報