コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希曇宗璵 きどん そうよ

1件 の用語解説(希曇宗璵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

希曇宗璵 きどん-そうよ

?-1429 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)の人。丹波船井郡(京都府)玉雲寺の太容梵清(ぼんせい)の法をつぐ。同寺2世をついだのち,能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,加賀(石川県)仏陀(ぶつだ)寺の住持をへて,丹波船井郡に徳雲寺をひらいた。正長(しょうちょう)2年6月21日死去。俗姓は島津。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

希曇宗璵の関連キーワード足利義教足利義教他魯毎永享正長シリア化学兵器問題琉球王国シリアの化学兵器使用問題永享オルレアン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone