コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希雲楚見 きうん そけん

1件 の用語解説(希雲楚見の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

希雲楚見 きうん-そけん

1465-1536 室町-戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)6年生まれ。京都の臨済宗(りんざいしゅう)妙心寺東陽英朝の法をつぐ。明応年間に美濃(みの)(岐阜県)に東光寺をたて,英朝を開山(かいさん)にむかえる。のち妙心寺の住持をつとめた。天文(てんぶん)5年4月6日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

希雲楚見の関連キーワード木幡雅遠願知笑顔正忻昌地提室智闡伝葉善迦芳郷光隣卜有楊富驢雪鷹灞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone