師友(読み)しゆう

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐ゆう ‥イウ【師友】

〘名〙
① 師として敬うほどの友人。また、師であり、友人でもあること。
※田氏家集(892頃)中・敬和吏部菅侍郎澆章宴後書懐見寄詩「不愁経露霑師友、猶恐澆風扇子孫
※百物語(1911)〈森鴎外〉「よもや西洋で僕の師友(シユウ)にしてゐた学者のやうな」 〔後漢書‐李膺伝〕
② 師と友人。先生と友だち。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外「師友の感化、母の感化」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐ゆう〔‐イウ〕【師友】

先生と友人。「よき師友に恵まれる」
先生として尊敬するほどの友人。
「西洋で僕の―にしていた学者」〈鴎外・百物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android