(読み)し

精選版 日本国語大辞典「師」の解説

し【師】

[1] 〘名〙
① 学問や技芸などを人に教授する者。先生。師匠
※菅家文草(900頃)一・停習禅琴「専心不利徒尋譜、用手多迷数問師」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「学士をかへて、琴の師をつかうまつれ」 〔書経‐泰誓〕
② 仏語。道を説いて弟子を導く僧。出家の際にたちあう得戒師、戒定慧の三学を教える依止師などの称。
※催馬楽(7C後‐8C)老鼠「西寺の 老鼠(おいねずみ) 若鼠 御裳(おんしゃう)(つ)むつ 袈裟喰むつ 袈裟喰むつ 法師に申さむ 師に申せ 法師に申さむ 師に申せ」
③ 周代の軍制で、二五〇〇人が一隊の称。転じて、軍隊。また、戦争。
※寸鉄録(1606)「畢竟大事いでくる時、兵戦軍法のそなへなくてはあるべからず。これを師(シ)と云」 〔詩経‐小雅・黍苗〕
④ 易の六四の一つ。師の卦。。上卦は坤(こん)(=地)、下卦は坎(かん)(=水)。地下師ともいう。坤は従順の徳を、坎は艱難を表わし、艱難に際して民が従順に従うさまを示すとされ、君主、戦争、将軍などを象徴するという。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)二「我らが本卦師(シ)の卦に当て、師は軍の義也」 〔易経‐師卦〕
[2] 〘接尾〙
① (サ変動詞「する」の連用形「し」の名詞化したもので、「師」はあて字とも) 技術、技芸などを表わす語に付けて、その専門家であることを表わす。「画師」「薬師(くすし)」「経師(きょうじ)」「講談師」など。
② 僧侶、神父などの姓氏に付けて尊敬の意を表わす。
※懐風藻(751)釈智蔵伝「智蔵師者、俗姓禾田氏。淡海帝世、遣学唐国

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「師」の解説

し【師】[漢字項目]

[音](呉)(漢)
学習漢字]5年
兵士の集団。軍隊。「師団王師出師すいし
多くの人々の集まる所。「京師けいし
人を教え導く人。先生。「師事師匠師弟師範恩師教師講師こうし・こうじ先師祖師導師法師牧師老師
専門の技術をもつ人。「医師絵師技師仏師山師やまし猟師漁師
[名のり]かず・つかさ・のり・みつ・もと・もろ
[難読]師走しわす・しはす塗師ぬし香具師やし

し【師】

[名]
学問・技芸を教授する人。師匠。先生。「の教え」
僧・神父・牧師などを敬っていう語。
中国、周代の軍制で、5りょすなわち2500人の称。転じて、軍隊。「征討のを起こす」
[接尾]
技術・技芸などを表す語に付いて、その技術の専門家であることを表す。「医」「理髪
僧侶・神父などの姓氏に付けて、尊敬の意を表す。「ホメイニ
[類語](1師匠師範インストラクターコーチ先生指南役宗匠師父教師教員教諭教授教官講師ティーチャープロフェッサーチューター尊師恩師旧師先師名誉教授・客員教授・助教授准教授助教助手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【グル】より

…〈重い〉という意味のサンスクリットの形容詞で,転じて〈重んずべき人〉をさす名詞となった。インドで父・母をはじめ目上の人一般をさして用いられるが,なかでも〈師〉の意味で用いることがもっとも多い。インドではベーダ時代以来,少年期に師のもとでベーダを学習する定めがあり,グルすなわち師は精神的指導者として最上級の尊敬を受けた。…

※「師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android