コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

し【師】

[名]
学問・技芸を教授する人。師匠。先生。「の教え」
僧・神父・牧師などを敬っていう語。
中国、周代の軍制で、5旅(りょ)すなわち2500人の称。転じて、軍隊。「征討のを起こす」
[接尾]
技術・技芸などを表す語に付いて、その技術の専門家であることを表す。「医」「理髪
僧侶・神父などの姓氏に付けて、尊敬の意を表す。「ホメイニ

し【師】[漢字項目]

[音](呉)(漢)
学習漢字]5年
兵士の集団。軍隊。「師団王師出師(すいし)
多くの人々の集まる所。「京師(けいし)
人を教え導く人。先生。「師事師匠師弟師範恩師教師講師(こうし・こうじ)先師祖師導師法師牧師老師
専門の技術をもつ人。「医師絵師技師仏師山師(やまし)猟師漁師
[名のり]かず・つかさ・のり・みつ・もと・もろ
[難読]師走(しわす・しはす)塗師(ぬし)香具師(やし)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

し【師】

[1] ( 名 )
学問や芸能などを教える人。先生。師匠。 「 -と仰ぐ」 「 -の恩」
僧侶・神父など宗教上の指導者。
中国、周代の軍制で、二五〇〇人を一師という。転じて、軍隊、戦争。
( 接尾 )
技術・技芸などを表す語に付けて、その道の専門家であることを表す。 「医-」 「講談-」
僧侶・神父などの姓氏に付けて、尊敬の意を表す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【グル】より

…〈重い〉という意味のサンスクリットの形容詞で,転じて〈重んずべき人〉をさす名詞となった。インドで父・母をはじめ目上の人一般をさして用いられるが,なかでも〈師〉の意味で用いることがもっとも多い。インドではベーダ時代以来,少年期に師のもとでベーダを学習する定めがあり,グルすなわち師は精神的指導者として最上級の尊敬を受けた。…

※「師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

師の関連キーワード藤原師尹(ふじわらのもろまさ)プライマリーナース感染管理認定看護師ヤッコラスケジュウ救急看護認定看護師フィッシャーマンマニキュアリスト鋳掛け屋・鋳掛屋リュウシーペイヘアドレッサー彫り師・彫師柔道整復師マジシャンホメイニ師かいらいし九条師輔御狂言師理美容師バーバー手品遣い

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

師の関連情報