コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯域圧縮 たいいきあっしゅく

デジタル大辞泉の解説

たいいき‐あっしゅく〔タイヰキ‐〕【帯域圧縮】

bandwidth compression》情報通信の分野で、実質的なデータ量を圧縮し、通信に必要な帯域幅を減らすこと。これにより電波や通信回線の周波数を効率良く利用することができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいいきあっしゅく【帯域圧縮】

音声や画像などの信号は,冗長性(相関)が大きいので,その冗長性を除去または減少させれば,伝送帯域幅を圧縮することができる。これを帯域圧縮という。例えば,画像信号には,フレーム内の一次元相関,二次元相関,フレーム間の三次元相関などがある。これらの特性を利用し,予測符号化,直交変換符号化などの各種帯域圧縮方式が開発されている。また,音声に関しても,線形予測ボコーダーなど各種方式が開発されている。【田中 良明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

帯域圧縮の関連キーワードデジタル・シグナル・プロセッサーファクシミリMUSE方式テレビ電話MUSE検波器DSP

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android