コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常念仏 ジョウネンブツ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ねんぶつ〔ジヤウ‐〕【常念仏】

絶え間なく念仏を唱えること。また、その念仏。不断念仏。
一定の期間を定め、念仏法要を営むこと。また、その念仏。不断念仏。
歌舞伎下座音楽の一。心中・道行きなどの寂しい場面に用いる、鉦(しょう)の音の入った下座唄。今日では用いない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうねんぶつ【常念仏】

〘仏〙 絶え間なく念仏を唱え続けること。
歌舞伎の下座唄げざうたの一。心中・道行みちゆきなどの場に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常念仏の関連キーワード清水寺(きよみずでら 島根県)別時念仏不断念仏善の綱念仏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android