コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常盤山文庫 ときわやまぶんこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常盤山文庫
ときわやまぶんこ

1942年江戸時代中期の農家と庭園を改造して開設された美術館神奈川県鎌倉市笹目町所在。菅原通済が寄贈した宋,元,鎌倉時代墨跡を中心として,70点をこえる国宝,重要文化財重要美術品を含め,2000点以上の収蔵品を有する。国宝としては中世の禅林墨跡2点を所蔵。『馮子振墨跡』は元代,海粟道人馮子振により北宋の画人易元吉の画巻『草虫図鑑』の画跋として書かれた2首の詩で,画巻は失われているが,千利休の添状と貫名菘翁の後書を付属。『清拙正澄墨跡』は,元からの帰化僧大鑑禅師清拙正澄が延元4=暦応2 (1339) 年,66歳で建仁寺で示寂したときの遺偈である。臨終に間に合わず号泣する弟子のため清拙が眼を開けて戒を授け,再び眼を閉じたという伝説から,別名『棺割之墨跡』とも称される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

常盤山文庫の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン第2次世界大戦太平洋戦争アフリカ文学大庭秀雄

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone