コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐炭坑節 ジョウバンタンコウブシ

デジタル大辞泉の解説

じょうばんたんこう‐ぶし〔ジヤウバンタンカウ‐〕【常磐炭坑節】

茨城・福島両県にまたがる常磐炭田地方で歌われた民謡。明治以降、坑夫の移動とともに全国に広まった。鉱山節。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうばんたんこうぶし【常磐炭坑節】

福島県の民謡で、酒盛り唄。この地方の草刈り唄が昭和の初めに常磐炭坑に伝えられたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常磐炭坑節
じょうばんたんこうぶし

茨城県北東部から福島県南東部へかけての常磐炭坑地方で歌われ出した民謡。この唄(うた)の源流には、石切り職人の仕事唄「石切り唄」だという説と、福島県磐城(いわき)地方の農家が馬を連れて草を刈りに行く際の道中唄「草刈り唄」だという説の2通りある。石切り唄説は、歌詞が似通っていること、また草刈り唄説は、現いわき市四倉(よつくら)地区を中心に歌われていた「草刈り唄」の囃子詞(はやしことば)に、「野郎(やろ)刈ったない」とあり、それが炭坑節では「ヤロヤッタナイ」となっていること、などをあげている。いずれにしてもこの唄は、地元から茨城県の水戸や日立などの花柳界へ伝わり、石炭産業の発展で、福岡県の民謡『北九州炭坑節』とともに全国的に広まった。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

常磐炭坑節の関連キーワード鈴木 正夫(初代)北海盆唄酒盛り唄炭坑節斎藤茨城

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android