コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭坑節 タンコウブシ

2件 の用語解説(炭坑節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんこう‐ぶし〔タンカウ‐〕【炭坑節】

福岡県の民謡。筑豊三池炭坑地帯で、選炭作業にうたわれた仕事歌。曲はラッパ節から出たものという。第二次大戦後に騒ぎ歌盆踊り歌として全国に広まった。北九州炭坑節

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たんこうぶし【炭坑節】

福岡県の民謡で、田川市伊田の炭坑の仕事唄。選炭作業の時に唄われた。源流は「ラッパ節」で、1932年(昭和7)「炭坑唄」の名でレコード化されたものが酒盛り唄や盆踊り唄として唄われた。 → 常磐炭坑節

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭坑節の関連キーワード三池三井鉱山大牟田新民謡炭坑森崎和江九州・山口の近代化産業遺産群印小林秀知宮川睦男バルトーク:3つのチーク県の民謡/piano solo

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炭坑節の関連情報