炭坑節(読み)タンコウブシ

大辞林 第三版の解説

たんこうぶし【炭坑節】

福岡県の民謡で、田川市伊田の炭坑の仕事唄。選炭作業の時に唄われた。源流は「ラッパ節」で、1932年(昭和7)「炭坑唄」の名でレコード化されたものが酒盛り唄や盆踊り唄として唄われた。 → 常磐炭坑節

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たんこう‐ぶし タンカウ‥【炭坑節】

〘名〙 北九州の筑豊炭田地方の民謡。明治三七年(一九〇四)に演歌師の添田唖蝉坊がつくった「ラッパ節」が流行唄(はやりうた)化し、それが筑豊に持ち込まれて酒盛り唄となり、選炭場での「選炭唄」となったもの。昭和の初め地元花柳界でレコード化されたのち「炭坑節」とよばれるようになり、炭坑夫の移動などで三池炭坑にも伝えられ、第二次世界大戦後ラジオの電波に乗るに及んで全国に広まった。北九州炭坑節。また、これとは別に、常磐炭坑で生まれ、水戸や日立の花柳界を通して広まった常磐炭坑節もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭坑節の関連情報