コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常節 トコブシ

デジタル大辞泉の解説

とこ‐ぶし【常節】

ミミガイ科の巻き貝。アワビに似るが小型で、殻長約7センチ。殻の呼吸孔は6~8個と多い。北海道南部から南の浅海の岩礁にすむ。食用。ながれこ。あなご。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とこぶし【常節】

海産の巻貝。アワビに似るが小さく、殻長7センチメートル 内外。貝殻の外面は褐色ないし緑褐色。内面は真珠光沢がある。外縁に八個内外の穴があいているが、アワビ類ではこれが四、五個なので区別できる。食用。全国の潮間帯付近の岩礁にすむ。ナガレコ。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

常節 (トコブシ)

学名:Sulculus diversicolor aquatilis
動物。ミミガイ科の巻き貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

常節の関連キーワードナガレコ真珠光沢福多味有鱗類海産巻貝外縁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常節の関連情報