コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駐箚 チュウサツ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐さつ【駐×箚】

[名](スル)外交官などが任務のためにしばらく外国に滞在すること。駐在
「印度(インジヤ)に―する総督の許に」〈中村訳・西国立志編

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうさつ【駐箚】

( 名 ) スル
役人が他国に派遣されて滞在すること。駐在。 「モンテーギュ侯の書記生となり侯と共に威内斯ヴエニーズ(意太利イタリー)に-せし/民約論

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

駐箚の関連キーワード丑・中・仲・厨・宙・忠・抽・昼・晝・柱・沖・注・疇・籌・虫・蟲・衷・註・誅・躊・鋳・鑄・駐常設仲裁裁判所児島 惣次郎明石 元二郎斎藤 力三郎立花 小一郎大谷 喜久蔵小林 丑三郎長谷川 好道大石 正巳藤田 嗣章遠藤 慎司明石元二郎堀田 正昭長谷川好道ユースデン韓国統監府斎藤力三郎エムス電報谷 寿夫

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駐箚の関連情報