コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏光子 へんこうしpolarizer

翻訳|polarizer

百科事典マイペディアの解説

偏光子【へんこうし】

自然光を平面偏光に変える素子。偏光の検出に用いるときは検光子という。方解石複屈折を利用したニコルプリズム,光軸に平行に切った電気石の板などがあるが,最近では性能がすぐれ安価で大型のものがつくれる人造偏光板がおもに用いられる。人造偏光板には過ヨウ化硫酸キニーネ(ヘラパタイト)の微細結晶の方向をそろえて酢酸セルロース膜中に分散させたもの(ポラロイド,ダイクロームBなど)や,ポリビニルアルコール膜にヨウ素を吸着させてガラス板にはりあわせたもの(ポラロイドH,ダイクロームAなど)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんこうし【偏光子 polarizer】

自然光を直線偏光に変える素子。直線偏光子ともいう。これには,透明体の反射を利用したもの,複屈折性を利用したもの,円偏光二色性を利用したものがある。第1のものは,透明な等方媒質の表面に特定の角度で入射した光の反射光,または透過光が直線偏光となることを利用したもので,多層反射増加膜の偏光プリズムがある。第2のものは,結晶の複屈折を利用して自然光を直線偏光にするプリズムで,方解石や水晶が使われる。ニコルプリズム,グラン・トムソンプリズム,ウォラストンプリズムなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へんこうし【偏光子】

自然光を直線偏光に変える素子。結晶の複屈折を利用したニコル-プリズムや偏光板などが用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の偏光子の言及

【偏光器】より

…自然光の中から特定の振動方向をもつ直線偏光を取り出す光学素子を偏光子polarizer,または偏光板という。そして,同一素子であるが,それを回転することにより入射した直線偏光の振動方向を知る目的に使う場合にこれを検光子analyzerという。…

【偏光器】より

…自然光の中から特定の振動方向をもつ直線偏光を取り出す光学素子を偏光子polarizer,または偏光板という。そして,同一素子であるが,それを回転することにより入射した直線偏光の振動方向を知る目的に使う場合にこれを検光子analyzerという。…

※「偏光子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android