コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干葉/乾葉 ヒバ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ば【干葉/乾葉】

枯れて乾燥した葉。
ダイコンの茎やを干したもの。に炊き込んだり汁の実にしたりする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の干葉/乾葉の言及

【ダイコン(大根)】より

… ダイコンは,おろしなどにしての生食,おでんふろふきなどの煮食,汁の実,漬物と,きわめて利用範囲が広い。また,切干しにしたり,葉を干して干葉(ひば)として米飯の増量材にするなど,日本人の食生活を多面的にささえてきた食品であった。成分上の特徴としては,根部に消化酵素アミラーゼ(ジアスターゼ)とビタミンCを多量に含有し,葉部にはカロチンが豊富である。…

※「干葉/乾葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

干葉/乾葉の関連キーワードおりものの異常や腟炎、感染症乾物雑炊掛菜干菜

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android