平和安全法制(読み)ヘイワアンゼンホウセイ

デジタル大辞泉の解説

へいわあんぜん‐ほうせい〔‐ハフセイ〕【平和安全法制】

平成27年(2015)に成立した平和安全法制整備法国際平和支援法の総称。日本および国際社会の平和と安全のための切れ目のない体制の整備を目的として、自衛隊法など10本の法律を一括改正し、国際平和支援法を制定するもので、平成28年(2016)3月に施行された。安全保障関連法安保関連法安保法)。安全保障法制安保法制)。
[補説]憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認する内容であるという批判的な立場からは「戦争法」と呼ばれることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平和安全法制の関連情報