コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山冷燕 へいざんれいえん Ping-shan leng-yan

2件 の用語解説(平山冷燕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平山冷燕
へいざんれいえん
Ping-shan leng-yan

中国,清初の長編小説。荻岸 (てきがん) 山人の作と題するが,作者は未詳。 20回。当時流行した才子佳人の小説で,題名は主人公4人の姓を綴ったもの。 1826年に S.ジュリアンによって仏訳され,西欧に早くから紹介された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平山冷燕
へいざんれいえん

中国、清(しん)初の才子佳人小説。全20回。編者は荻岸(てきがん)山人とあるが未詳。書名は、作中の二組の男女、平如衡(じょこう)と山黛(さんたい)、冷絳雪(こうせつ)と燕白頷(はくがん)の姓をとったもの。内容は、白燕の飛ぶのを見て天子が詩を求め、大学士山顕仁(さんけんじん)の娘黛の献上した詩を賞賛して玉製の尺(ものさし)を賜る。冷は売られて黛の侍女となるが、詩才で天子に知られる。平と燕は、黛と唱和をして詩才を争ったことで他から非難されるが、科挙の試験に首席、次席で合格したので、天子は山顕仁に命じて山と燕、冷と平を結婚させるというもので、女性の詩才を賛美する点が清代を反映している。のちに『玉尺楼』という戯曲にもなり、またジュリアンStanislas Julienの仏訳(1826)がある。[尾上兼英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平山冷燕の関連キーワード掌編小説中編小説長編小説雁の寺対岸の彼女ハーツォグ一瞬の敵彩霧七人の敵がいるZOKU

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone