才子佳人(読み)サイシカジン

精選版 日本国語大辞典の解説

さいし‐かじん【才子佳人】

〘名〙 才知のすぐれた男とおくゆかしい美女。
※柿山伏(1888)〈山田美妙〉二「才子佳人(サイシカジン)が主人公で政治の薬味が一寸加はり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

才子佳人

才知のすぐれた男性と美しい女性。

[使用例] 何しろ萩寺といえば、その頃はまだ仁王門も藁葺き屋根で、『ぬれて行く人もをかしや雨の萩』という芭蕉翁の名高い句碑が萩の中に残っている、いかにも風雅な所でしたから、実際才子佳人の奇遇にはあつらえ向きの舞台だったのに違いありません[芥川龍之介*開化の良人|1919]

[使用例] あるいは広いフランスのことだから、どこかの森か川のほとりで今も月を賞している風雅な才子佳人もあるかも知れぬが、このモンマルトルの盛り場のかぎり、空を向いているものは見えない[阿部知二*ヨーロッパ紀行|1951]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android