平川昌信(読み)ひらかわ まさのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平川昌信 ひらかわ-まさのぶ

1812-1875 江戸後期-明治時代の国学者。
文化9年生まれ。平田銕胤(かねたね)にまなぶ。明治元年官命をうけて各地の神社の由緒を調査。のち山田神社(滋賀県彦根市)の神職となる。権田直助らとまじわった。明治8年4月18日死去。64歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。通称は帯刀。著作に「天地夜見開闢十図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android