コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平清水東川 ひらしみず とうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平清水東川 ひらしみず-とうせん

1703-1768 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)16年生まれ。大庄屋佐久間政喜の次男。享保(きょうほう)12年(1727)出羽(でわ)平清水組(山形県)の大庄屋となるが,のち組内庄屋の不正事件で辞任。漢方医を業とし,宝暦7年京都に遊学。和歌,書などにもすぐれた。明和5年死去。66歳。名は義明。通称は久左衛門,仲。別号に恥川,信夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平清水東川の関連キーワードムスタファ2世信仰復興運動ブルース(James Bruce)アソル(伯・侯・公家)アルンシュタットギュイヨン小野寺十内竹本座近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone