平湯[温泉](読み)ひらゆ

百科事典マイペディア「平湯[温泉]」の解説

平湯[温泉]【ひらゆ】

岐阜県吉城(よしき)郡上宝村(現・高山市)にある国民保養温泉。乗鞍岳北麓に位置し,標高1233m。含食塩土類重ソウ泉,39〜96℃で湯が豊富。16世紀末の発見とされ,1685年《平湯温泉記》が記されている。乗鞍岳バス登山の根拠地で,付近に平湯大滝がある。中部山岳国立公園に属し,高山本線高山駅からバス。安房(あぼう)峠を経て上高地にも通じる。
→関連項目高山[市]乗鞍岳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「平湯[温泉]」の解説

ひらゆ【平湯[温泉]】

乗鞍岳の北麓,岐阜県吉城郡上宝村にある温泉。食塩泉,39~96℃。中部山岳国立公園に属する国民温泉で,武田信玄伝説を伝える古くからの湯治場である。国道158号線が通じ,1948年乗鞍岳の登山バスが開通してから乗鞍岳,上高地への中継基地として発展した。ここから流出する高原川流域にも新平湯,福地など多くの温泉があり,奥飛驒温泉郷と呼ばれる。湯量は豊富で各種の保養所が多く,キャンプ場,スキー場も開設されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android