コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安房峠 あぼうとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安房峠
あぼうとうげ

飛騨山脈の焼岳乗鞍岳の間に位置する峠。標高 1812m。長野県松本市岐阜県高山市の境にあり,近世までは野麦峠とともに信濃と飛騨を結ぶ飛騨街道の重要な山越え地点をなした。当時は安房山 (2219m) の南側を道が通ったが,明治以後は北に回るようになった。 1934年には自動車の通行が可能になり,国道 158号線が開通。 1997年には約 4.4kmの安房トンネルが開通し,安房峠の通年通行が可能となった。峠下には長野県側に中ノ湯温泉岐阜県側に平湯温泉がある。中部山岳国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あぼう‐とうげ〔アバウたうげ〕【安房峠】

長野・岐阜の県境焼岳と安房山との間にある峠。標高1812メートル。松本高山とを結ぶ古い交通路で、国道158号が通る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

安房峠【あぼうとうげ】

長野・岐阜県境をなす飛騨山脈中の焼岳乗鞍岳の間にある峠。標高1790m。江戸時代には正保国絵図に平井峠とあるほか,信濃峠とも称された。岐阜側の平湯温泉と長野側の中ノ湯や上高地を結ぶ国道158号が通じ,1997年には安房トンネルが開通し,中部山岳国立公園中の観光ルートとして重要。
→関連項目平湯[温泉]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あぼうとうげ【安房峠】

飛驒山脈の焼岳と乗鞍岳の間の山稜上にある峠。標高1812m。信濃・飛驒両国を結ぶ古くからの交通路で,長野県上高地中ノ湯温泉と岐阜県平湯温泉との最短通路として1938年自動車道が開通した。国道158号線が通り,同山脈横断バス道路として重要であるが,冬季は峠の交通が途絶するため,1989年から始められた安房トンネルの工事は97年12月に完成し,冬季も通行可能となった。【市川 健夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あぼうとうげ【安房峠】

長野県と岐阜県の境、焼岳の南にある峠。信濃松本と飛驒高山を結ぶ古くからの交通路。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(岐阜県)〕安房峠(あぼうとうげ)


長野・岐阜県境の飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)南部を越える峠。標高1790m。国道158号が通る。冬季は積雪でしばしば通行止め規制が行われた難所だったが、1997年(平成9)12月、安房峠道路の安房トンネルが開通して問題は解消された。長野県側の上高地(かみこうち)と岐阜県側の平湯(ひらゆ)温泉を結ぶ重要な観光ルートにあたり、長野県側の中ノ湯温泉付近で国道158号から上高地乗鞍(のりくら)林道が分岐する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安房峠
あぼうとうげ

長野・岐阜県境にある峠。通年通行できる唯一の北アルプス横断有料自動車道(安房峠道路)が峠の下をくぐる。上高地(かみこうち)の西部にそびえる焼(やけ)岳と安房山の鞍部(あんぶ)にあり、標高1812メートル。近世までは越中(えっちゅう)(富山県)の海産物を信濃(しなの)(長野県)に搬入するルートであり、道は安房山頂の南にあったが、1938年(昭和13)車道が北側につくられ、1965年に国道158号に指定された。峠には地蔵の石像が祀(まつ)られ、茶店がある。紅葉は絶景で、北東に穂高(ほたか)の連峰を望み、長野県側の眼下は数百メートルの峡谷をなす。長野県側は曲折が多く11月下旬から4月下旬までは通行止めになるため、トンネルで抜けるショートカットの安房峠道路ができた。観光的にはすばらしい眺望の峠である。峠の長野県側に中ノ湯、岐阜県側に平湯(ひらゆ)の両温泉がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安房峠の関連キーワード長野県松本市岐阜県高山市野麦街道飛驒山脈登山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android