コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平礼 ヘイライ

デジタル大辞泉の解説

へい‐らい【平礼】

《「ひれ」に当てた「平礼」を音読みにした語。「へいれい」とも》烏帽子(えぼし)の頂を折ってかぶること。また、その烏帽子。ひれえぼし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいらい【平礼】

〔「ひれ(平礼)」を音読みした語〕
平礼ひれ烏帽子。ひれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平礼の言及

【烏帽子】より

…この小結のとくに長いものを長小結,また長くみともいって,若年者の烏帽子とした。(4)平礼(ひれ∥へいらい) 折烏帽子の別称で,その語義はひらめき折れた意といわれ,多く武家に用いられ,のちには下級者の烏帽子の一種となった。(5)萎烏帽子(もみえぼし) 武士が冑の下にかぶる烏帽子。…

【烏帽子】より

…この小結のとくに長いものを長小結,また長くみともいって,若年者の烏帽子とした。(4)平礼(ひれ∥へいらい) 折烏帽子の別称で,その語義はひらめき折れた意といわれ,多く武家に用いられ,のちには下級者の烏帽子の一種となった。(5)萎烏帽子(もみえぼし) 武士が冑の下にかぶる烏帽子。…

※「平礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

平礼の関連キーワード風折烏帽子

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android