コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉記 きつき

5件 の用語解説(吉記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉記
きつき

平安時代末期から鎌倉時代前期における吉田経房の日記。現存するのは,承安3 (1173) 年から文治4 (88) 年までの記録で,途中数年分欠けている。当時経房は弁官をつとめる一方,実際の権力者後白河法皇にも仕えていたので,政治に関する記述が多く,また時代がいわゆる源平の争乱期であったため,『平家物語』の史実を考えるうえにも貴重な史料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉記【きっき】

権大納言(ごんのだいなごん)藤原経房(つねふさ)の日記。経房は京都吉田(現京都市左京区)に住み,世人は経房一流を吉田と呼んだのが書名の由来。現存本の年次は1173年から1188年に及ぶが,《吉部秘訓抄(きちぶひくんしょう)》などによれば,1166年から1198年までの記事が存在したらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きっき【吉記】

権大納言藤原(吉田)経房の日記。記名は,経房が洛東吉田に住み,吉田と称されたための名称。現存本記の年次は,1173年(承安3)から88年(文治4)にわたるが,《吉部秘訓抄》や《仙洞御移徙部類記》に収める記文は,1166年(仁安1)から98年(建久9)に及ぶ。経房は故実に詳しく,政理に通じ,有能な実務官僚として後白河院政期に活躍し,ことに源頼朝の厚い信任を得て,朝幕間の取次役を委任された。その日記は,激動する政局の機微にもわたり,平安末~鎌倉初期の重要な史料とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きっき【吉記】

権大納言藤原(吉田)経房の日記。二二巻。1166年から93年までの記録で、朝廷・鎌倉幕府間の取次役として政局の機微に触れた記事が多い。吉御記。吉戸記。吉大記。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉記
きっき

平安末期~鎌倉初期の公家(くげ)権大納言(ごんだいなごん)民部卿(きょう)藤原(吉田)経房(つねふさ)の日記。『吉御記(きつおんぎ)』『吉大記』とも、また民部省の唐名(戸部)から『吉戸記(きっこき)』ともいう。1173年(承安3)~1188年(文治4)分が現存。ただし欠脱が少なくない。しかし残存部分の記述は詳細で、単に朝廷の儀式、行事だけでなく、治承(じしょう)・寿永(じゅえい)の内乱や家領支配の実態までを知ることができる。平氏政権の隆盛から鎌倉幕府成立に至る時期の公家の日記として『玉葉(ぎょくよう)』に次ぐ史料的価値があり、領家(りょうけ)クラスの公家のあり方を知るうえではさらに貴重な史料である。『史料大成』所収。[飯田悠紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉記の言及

【勧修寺家】より

…なお江戸時代には同家に,甘露寺,葉室,万里小路(までのこうじ),清閑寺,中御門(なかみかど),坊城,芝山,池尻,梅小路,岡崎,穂波,堤の諸家を加えた13家を総称して勧修寺家ともいい,当時の名家の過半を占めた。また勧修寺一門の廷臣は,為房の《大記》をはじめ,経房の《吉記》,経俊の《吉黄記》,経長の《吉続記》など,重要な日記を多く残しており,その記述は実務官僚としての一門の性格をよく反映している。現在京都大学文学部に蔵する〈勧修寺家文書記録〉には,為房の自筆日記をはじめ,近世に至る貴重な文書や記録を収めているが,経房,資経,経俊,定資,経顕の各遺領処分状には,合わせて20ヵ所前後の所領が載せられている。…

【吉続記】より

…権大納言吉田経長の日記。書名は,経長の先祖藤原経房が吉田と号し,その日記を《吉記》と称したことから,これをつぐ意味で《吉続御記》と名づけ,これを略して《吉続記》という。1267年(文永4)より1302年(乾元1)に及ぶが,中間22年分を欠く。…

※「吉記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉記の関連キーワード園基理吉続記権大納言四納言大納言局(2)大納言局(4)藤原公通藤原実行藤原宗家甘露寺家

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉記の関連情報