コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉記 きつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉記
きつき

平安時代末期から鎌倉時代前期における吉田経房の日記。現存するのは,承安3 (1173) 年から文治4 (88) 年までの記録で,途中数年分欠けている。当時経房は弁官をつとめる一方,実際の権力者後白河法皇にも仕えていたので,政治に関する記述が多く,また時代がいわゆる源平の争乱期であったため,『平家物語』の史実を考えるうえにも貴重な史料である。日記名は後世の人々が,吉田権大納言の日記という意味でつけたもの。『史料大成』に所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

吉記【きっき】

権大納言(ごんのだいなごん)藤原経房(つねふさ)の日記。経房は京都吉田(現京都市左京区)に住み,世人は経房一流を吉田と呼んだのが書名の由来。現存本の年次は1173年から1188年に及ぶが,《吉部秘訓抄(きちぶひくんしょう)》などによれば,1166年から1198年までの記事が存在したらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きっき【吉記】

権大納言藤原(吉田)経房の日記。記名は,経房が洛東吉田に住み,吉田と称されたための名称。現存本記の年次は,1173年(承安3)から88年(文治4)にわたるが,《吉部秘訓抄》や《仙洞御移徙部類記》に収める記文は,1166年(仁安1)から98年(建久9)に及ぶ。経房は故実に詳しく,政理に通じ,有能な実務官僚として後白河院政期に活躍し,ことに源頼朝の厚い信任を得て,朝幕間の取次役を委任された。その日記は,激動する政局機微にもわたり,平安末~鎌倉初期の重要な史料とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きっき【吉記】

権大納言藤原(吉田)経房の日記。二二巻。1166年から93年までの記録で、朝廷・鎌倉幕府間の取次役として政局の機微に触れた記事が多い。吉御記。吉戸記。吉大記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉記
きっき

平安末期~鎌倉初期の公家(くげ)権大納言(ごんだいなごん)民部卿(きょう)藤原(吉田)経房(つねふさ)の日記。『吉御記(きつおんぎ)』『吉大記』とも、また民部省の唐名(戸部)から『吉戸記(きっこき)』ともいう。1173年(承安3)~1188年(文治4)分が現存。ただし欠脱が少なくない。しかし残存部分の記述は詳細で、単に朝廷の儀式、行事だけでなく、治承(じしょう)・寿永(じゅえい)の内乱や家領支配の実態までを知ることができる。平氏政権の隆盛から鎌倉幕府成立に至る時期の公家の日記として『玉葉(ぎょくよう)』に次ぐ史料的価値があり、領家(りょうけ)クラスの公家のあり方を知るうえではさらに貴重な史料である。『史料大成』所収。[飯田悠紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉記の言及

【勧修寺家】より

…なお江戸時代には同家に,甘露寺,葉室,万里小路(までのこうじ),清閑寺,中御門(なかみかど),坊城,芝山,池尻,梅小路,岡崎,穂波,堤の諸家を加えた13家を総称して勧修寺家ともいい,当時の名家の過半を占めた。また勧修寺一門の廷臣は,為房の《大記》をはじめ,経房の《吉記》,経俊の《吉黄記》,経長の《吉続記》など,重要な日記を多く残しており,その記述は実務官僚としての一門の性格をよく反映している。現在京都大学文学部に蔵する〈勧修寺家文書記録〉には,為房の自筆日記をはじめ,近世に至る貴重な文書や記録を収めているが,経房,資経,経俊,定資,経顕の各遺領処分状には,合わせて20ヵ所前後の所領が載せられている。…

【吉続記】より

…権大納言吉田経長の日記。書名は,経長の先祖藤原経房が吉田と号し,その日記を《吉記》と称したことから,これをつぐ意味で《吉続御記》と名づけ,これを略して《吉続記》という。1267年(文永4)より1302年(乾元1)に及ぶが,中間22年分を欠く。…

※「吉記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉記の関連キーワード大分県中津市留守居町東京都町田市相原町沖縄密約暴露事件山形県上山市北町風流(ふりゅう)静岡県湖西市山口ミキモト真珠島愛知県半田市山形県上山市結城 哀草果手袋を買いに滝口入道時頼大分県中津市新美 南吉月光の囁き結城 健三駒形 十吉斎藤茂吉軍記物語入江泰吉

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android