コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平福穂庵 ひらふく すいあん

2件 の用語解説(平福穂庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平福穂庵 ひらふく-すいあん

1844-1890 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)15年10月18日生まれ。平福百穂(ひゃくすい)の父。円山四条派の武村文海にまなぶ。明治13年秋田勧業博覧会で「乞食図」が一等賞,23年内国勧業博覧会で「乳虎図」が妙技二等賞となった。門下に寺崎広業(こうぎょう)ら。明治23年12月11日死去。47歳。出羽(でわ)角館(秋田県)出身。名は芸(うん)。通称は順蔵。別号に文池。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平福穂庵

没年:明治23.12.11(1890)
生年:弘化1.10.18(1844.11.27)
明治期の日本画家。羽後国角館(秋田県)生まれ。名は芸,通称順蔵。郷里で初め武村文海に円山四条派の絵を学ぶが,以後,ほぼ独学を通した。文久1(1861)年から京都に遊学し,師につかず風景写生や古画の模写に専念,慶応2(1866)年帰郷する。明治維新後,各種の博覧会で受賞,「乞食図」「乳虎図」(いずれも個人蔵)など,すぐれた描写力を示した。また明治5(1872)年北海道に旅行し,以後アイヌの図を多く制作,また自ら一時勤めた荒川銅山を「荒川鉱山全景」として描くなど,社会派的な意識と行動が認められる。同17年東洋絵画会学術委員となる。平福百穂 はその子,寺崎広業は弟子。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平福穂庵の言及

【平福百穂】より

…本名貞蔵。父は円山四条派の画家平福穂庵(1844‐90)。1894年父の後援者であった瀬川安五郎の援助を得て上京,川端玉章に入門,97年東京美術学校日本画選科第2学年に編入,1900年同校卒業後,結城素明らと无声会(むせいかい)を結成,日本画に自然主義的表現を導入することを主張。…

※「平福穂庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平福穂庵の関連キーワード寺崎広業樽野武雄村上得明舟山三朗酒井抱祝角館羽後伊藤恭之助片野重脩館岡栗山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone