コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平福百穂 ひらふく ひゃくすい

8件 の用語解説(平福百穂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平福百穂

日本画家。秋田県生。名は貞蔵。幼少より父穂庵に画技を学び、のち川端玉章に師事する。東美校卒。結城素明ら同志と无声会・金鈴社を創立、のちには帝展審査員を務めた。「アララギ」派の歌人としても知られる。昭和8年(1933)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひらふく‐ひゃくすい【平福百穂】

[1877~1933]日本画家。秋田の生まれ。本名、貞蔵。画家平福穂庵の子。川端玉章に学び、自然主義を唱えて无声(むせい)会を結成。晩年は南画的手法を加えた独自の画境を開いた。アララギ派の歌人としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平福百穂【ひらふくひゃくすい】

日本画家。四条派の画家平福穂庵〔1844-1890〕の四男として秋田に生まれ,1894年上京して川端玉章に入門,1899年東京美術学校選科卒業。1900年同門の結城素明と自然主義を標榜(ひょうぼう)して无声(むせい)会を組織し,同会解散後1916年鏑木清方,結城素明らと金鈴社を結成。
→関連項目小川芋銭近藤浩一路橋口五葉松岡映丘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平福百穂 ひらふく-ひゃくすい

1877-1933 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治10年12月28日生まれ。平福穂庵の4男。川端玉章(ぎょくしょう)に師事。明治33年結城(ゆうき)素明らと无声(むせい)会を結成,文展に「アイヌ」などを出品した。昭和5年帝国美術院会員,7年母校東京美術学校の教授。歌集に「寒竹」。昭和8年10月30日死去。57歳。秋田県出身。本名は貞蔵。作品はほかに「予譲」「荒磯」など。
【格言など】金剛の一万二千峯まさやかに青葉の上に眺めつるかも(「寒竹」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひらふくひゃくすい【平福百穂】

1877‐1933(明治10‐昭和8)
日本画家。秋田県角館町に生まれる。本名貞蔵。父は円山四条派の画家平福穂庵(1844‐90)。1894年父の後援者であった瀬川安五郎の援助を得て上京,川端玉章に入門,97年東京美術学校日本画選科第2学年に編入,1900年同校卒業後,結城素明らと无声会(むせいかい)を結成,日本画に自然主義的表現を導入することを主張。01年雑誌《新声》,03年《平民新聞》,04年風刺漫画誌《団々(まるまる)珍聞》の表紙や挿絵を描きはじめ,07年創刊の美術雑誌《方寸》に投稿,のち同人となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひらふくひゃくすい【平福百穂】

1877~1933) 日本画家。秋田県生まれ。本名貞蔵。画家平福穂庵の子。独自の南画的な風格ある作風。また新聞に時事漫画も寄稿。アララギ派歌人としても知られる。代表作「予譲」、歌集「寒竹」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平福百穂
ひらふくひゃくすい

[生]1877.12.28. 秋田,角館
[没]1933.10.30. 秋田,横手
日本画家,歌人。染物屋で画家の平福穂庵の4男。本名は貞蔵。 1894年上京して川端玉章に師事し,99年東京美術学校卒業。翌年自然主義を唱える无声会 (むせいかい) の結成に参加して新日本画運動を推進,さらに文展,帝展に琳派風の装飾的な作品や抒情的な異色の作品を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平福百穂
ひらふくひゃくすい
(1877―1933)

日本画家。四条派の画家平福穂庵(すいあん)の四男として秋田県角館(かくのだて)(現仙北市)に生まれる。本名貞蔵。初め父について絵を習うが13歳で死別。1894年(明治27)上京して川端玉章(ぎょくしょう)の塾に入り、97年東京美術学校日本画科に編入学し、2年で卒業した。『田舎(いなか)の嫁入』は卒業制作。川端塾で結城素明(ゆうきそめい)と親しくなり、1900年(明治33)素明ら6人の同志と自然主義を唱えて无声(むせい)会を結成した。03年から翌年にかけて母校の西洋画科に通いデッサンを学んでいる。日常の情景を写実的にとらえた作品を无声会の展覧会に出品。このころ伊藤左千夫(さちお)、長塚節(たかし)、斎藤茂吉、岡麓(ふもと)らと知り合って短歌を始め、雑誌『アララギ』の表紙絵も描いた。
 1907年国民新聞社に入社。同僚に川端龍子(りゅうし)がいた。翌年石井柏亭(はくてい)の勧めで雑誌『方寸(ほうすん)』の編集同人になる。09年の第3回文展に『アイヌ』を出品、以後主として文展、帝展で活躍した。16年(大正5)素明、鏑木清方(かぶらききよかた)、吉川霊華(きっかわれいか)、松岡映丘(えいきゅう)と金鈴(きんれい)社を結成。翌年第11回文展で『予譲(よじょう)』が特選になる。自然主義から琳派(りんぱ)風の装飾的な構成への転換を示すが、晩年は南画の手法を加えて清明な画風に到達した。30年(昭和5)にヨーロッパを旅行。この年帝国美術院会員にあげられ、32年から東京美術学校教授を務めた。ほかに『七面鳥』『荒磯(ありそ)』『堅田(かたた)の一休(いっきゅう)』『小松山』などが代表作。歌集『寒竹』がある。[原田 実]
『弦田平八郎他文『現代日本の美術2 平福百穂他』(1975・集英社) ▽平福一郎監修『平福百穂素描集』(1982・秋田魁新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平福百穂の関連キーワード秋田県仙北市角館町岩瀬秋田県仙北市角館町上野秋田県仙北市角館町川原秋田県仙北市角館町北野秋田県仙北市角館町小館秋田県仙北市角館町薗田秋田県仙北市角館町西田秋田県仙北市角館町八割秋田県仙北市角館町花場秋田県仙北市角館町古城山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone