コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平野久利 ひらの ひさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野久利 ひらの-ひさとし

?-1565 戦国時代の武士。
出雲(いずも)(島根県)の尼子晴久・義久につかえる。毛利氏に富田(とだ)城を攻められ落城寸前,義久の命で美作(みまさか)(岡山県)小田草の斎藤玄蕃に救援依頼にいったが,斎藤の兵にかこまれ,永禄(えいろく)8年玄蕃の眼前で切腹した。通称は又右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平野久利の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android