平面描写(読み)ヘイメンビョウシャ

デジタル大辞泉の解説

へいめん‐びょうしゃ〔‐ベウシヤ〕【平面描写】

作者の主観をまじえず、対象や事件の経過の表面だけをありのままに描く文芸上の手法。明治40年代、田山花袋が主張。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいめんびょうしゃ【平面描写】

主観をまじえず、事実をありのまま描く文芸上の技巧。明治40年代、自然主義作家田山花袋によって提唱されたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平面描写の言及

【田山花袋】より

…1900年から週刊《太平洋》に関係し,ゾラをはじめ外国作家の研究,紹介につとめ,02年には《重右衛門の最後》を発表して注目された。04年《露骨なる描写》を書き,日露戦争に従軍,客観的な傍観者的態度の上に立つ〈平面描写〉を打ち出した。06年《文章世界》創刊によりその主事となる。…

※「平面描写」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平面描写の関連情報