コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本金 ホンキン

3件 の用語解説(本金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほん‐きん【本金】

まじりけのない金。純金。
資本金。元金。
陶磁器の金彩色に用いる、純金に近い絵の具。王水で化学的に抽出した金を膠液(にかわえき)で溶いて金泥とし、高火度で焼き付ける。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ほんきん【本金】

長野の日本酒。酒名は、文字が左右対称であることから裏表のない商売を心がけ、「本」物を目指し、愛飲される一番(「金」)の酒を造り続けることを願い命名。「辛口太一」は辛口の本醸造酒。ほかに大吟醸酒、純米酒などがある。平成12、15年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦など。仕込み水霧ヶ峰の伏流水。蔵元の「酒ぬのや本金酒造」は宝暦6年(1756)創業。所在地は諏訪市諏訪。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほんきん【本金】

本当の金。純金。
資本金。元金がんきん
陶磁器に金付を行う絵の具のうち、純金に近いもの。王水で金を処理し、膠にかわで溶いて金泥とし、摂氏700~800度で焼き付けたのち、瑪瑙めのうの棒で磨いてつやを出す。 → 水金みずきん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本金の関連キーワード諸刃造伊那路七福頼母鶴西之門深志鶴富士横綱御馬寄八洲鶴和田龍

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本金の関連情報