幸先(読み)サイサキ

デジタル大辞泉の解説

さい‐さき【幸先】

《「さい」は、「さき」または「さち」の音変化》
よいことが起こる前兆。吉兆。
事を始めるときに当たって何かを感じさせる物事。前兆。縁起。「幸先がいい」「幸先がわるい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいさき【幸先】

〔「さちさき」の転〕
何か事を始める最初に、その事がうまく行きそうな感じを与える出来事。きざし。
前知らせ。前兆。 「 -がよい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐さき【幸先】

〘名〙
① よいことの起こる前知らせ吉兆
② 物事を行なう時の前兆。縁起。
※史記抄(1477)一五「何事もさいさきがわるいそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幸先の関連情報