コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸清流 こうせいりゅう

4件 の用語解説(幸清流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸清流
こうせいりゅう

能の小鼓方の流儀名。幸流の分家から出たもので正しくは幸清次郎流という。現宗家は 15世幸義太郎 (1936~ ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐りゅう〔カウセイリウ〕【幸清流】

能の小鼓(こつづみ)方の流派の一。幸(こう)流2世五郎次郎正能の次男久次郎友能と、その子清次郎了能がたてた。清次郎流。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいりゅう【幸清流】

能楽小鼓方の流儀の一つで,幸清次郎流の略称。能楽協会には10名余の役者が登録され,東京,名古屋を中心に活躍している。現宗家は14世幸円次郎。幸流2世幸五郎次郎正能の嫡男久次郎友能が分家してできた家で,幸流とは祖を同じくする。したがって調緒(しらべお)のかけ方や音楽構造など,基本的には幸流に大変近い。ただ,幸流よりは装飾的な替の手組(リズムパターン)が多く,掛声も変化に富んでいる。江戸時代は,主として宝生流,金剛流の座付であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうせいりゅう【幸清流】

〔「幸清次郎流」の略〕
能楽の小鼓こつづみ方の流派。幸流から出たもので、流祖は幸久次郎友能ともよし?~1612)。次世から清次郎を名乗る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幸清流の関連キーワード観世宗拶大倉流観世流幸流石井流観世小鼓方幸清次郎春日流幸清次郎流

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone