コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸流 こうりゅう

4件 の用語解説(幸流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸流
こうりゅう

能の小鼓方の流儀名。幸五郎次郎流ともいう。流祖幸四郎次郎は,名人とうたわれた宮増弥左衛門 (1556没) の弟子。 16世は近代の名人といわれる幸祥光 (1892~1977) 。初名五郎。 1955年重要無形文化財保持者に認定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうりゅう【幸流】

能楽小鼓方の流儀の一つで幸五郎次郎流ともいう。現宗家は17世幸正影(まさかげ)。能楽協会には20名余の役者が登録され,東京,京都を中心に活躍している。この流儀は5種類の音を打ち分けて中間音を出さない。また舞のなかで特殊な地(ヌク地・切ル地)を多用するほかは他流に比べて装飾的な替の手組(リズムパターン)が少なく,掛声も体系的にかけるなど形式性が強い。元来宇治猿楽の出で,流祖幸四郎次郎忠能は小鼓の名人宮増弥左衛門(1556没)の弟子。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幸流の関連情報