幾何学原本(読み)きかがくげんぽん

百科事典マイペディア「幾何学原本」の解説

幾何学原本【きかがくげんぽん】

ストイケイアStoicheia》。《原論》とも。ユークリッドが書いた数学書。13巻。ギリシア数学の成果を集大成し,論理的に体系づけたもので,平面幾何(1〜6巻),数論(7〜10巻),立体幾何(11〜13巻)を扱う。アレクサンドリアで学ばれた後,アラビア語訳を経て1120年ごろラテン語訳でヨーロッパに伝えられ,後の数学および数学教育の発展に大きな影響を及ぼした。→幾何学
→関連項目公準ユークリッド幾何学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「幾何学原本」の解説

きかがくげんぽん【幾何学原本】

ユークリッド著「ストイケイア」の訳名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android