コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広がり/拡がり ヒロガリ

デジタル大辞泉の解説

ひろがり【広がり/拡がり】

広がること。また、広がった。「無限の―をもつ宇宙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

広がり

デンマークの作曲家カール・ニールセンの交響曲第3番(1910-11)。原題《Sinfonia Espansiva》。『広がりの交響曲』とも呼ばれる。ゆったりとした旋律が現れる第2楽章の印象から「ニールセンの田園交響曲」とも称される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひろがり【広がり】

広がること。
広い空間を占めること。また、広い空間。広がった場所。 「枝の見事な-」 「宇宙の広大な-」
〘哲〙 〔ラテン extensio〕 ⇒ 延長えんちよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

広がり/拡がりの関連キーワードオープン・ハーモニー[open harmony]開離位置[open harmony]超吸収ウルトラクリーンペットシーツ大雪山黒岳スキー場テント・シルエットステレオフォニックブランケット鉱床暑寒別岳スキー場マイクロバーストラジャスタン州タップパンツ枝張り・枝張ズラティボル周波数帯域幅ボーア半径クンドゥチベルボトム空間知覚複合連想水平分布

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android