広がり/拡がり(読み)ヒロガリ

デジタル大辞泉プラスの解説

広がり

デンマークの作曲家カール・ニールセンの交響曲第3番(1910-11)。原題《Sinfonia Espansiva》。『広がりの交響曲』とも呼ばれる。ゆったりとした旋律が現れる第2楽章の印象から「ニールセンの田園交響曲」とも称される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひろがり【広がり】

広がること。
広い空間を占めること。また、広い空間。広がった場所。 「枝の見事な-」 「宇宙の広大な-」
〘哲〙 〔ラテン extensio〕 ⇒ 延長えんちよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android